HOME

COLLABORATION

協会を大きくするには?

全国丼連盟の場合

からだすこやか茶W

日本コカ・コーラ様の「からだすこやか茶W」を「丼と合う」飲み物として丼公式飲料を認定、パッケージや売り場に反映。全国丼連盟の理念に共感頂き、全丼連が認定することで、消費者に対して話題性と信頼性を提供。

福丼県プロジェクト】として年間を通じた取り組みを実施

全国丼連盟の認定する丼県として、福井県を福丼県に制定。記者発表や全丼連が推奨する店舗の紹介WEB・パンフレット等を作成。福井県の丼店と、全丼連の丼グランプリ金賞店を集めて実施したイベントでは、3万人の集客を実現。

 

日本唐揚協会の場合

日清フーズ様とから揚げ粉の開発

ご当地からあげ団体やからあげグランプリ受賞店等と、商品開発を実施。本格的な味付けでヒット商品に成長。

ローソン様 からあげクンの監修

日本唐揚協会が監修したからあげクンを2011年から定期的に販売。ご当地からあげシリーズ、からあげグランプリシリーズを展開し、有名店の味を気軽に楽しめるヒット商品を連発。

 

日本エスニック協会の場合

「タイの台所」ブランドで有名なアライドコーポレーション様とレトルトカレーを開発

【アライドコーポレーション タイで食べたカレーシリーズ】として発売。
日本エスニック協会に集まる知見を集め、商品開発を実施。 より本格的で、エスニックが好きな人に訴求する商品をリリース。販売後は「日本エスニック協会」公認というかたちで売り出すことで、消費者に対して信頼性を生んだ。

池尻大橋、レストランオギノ様が出す惣菜店、ターブルオギノ様とエスニックソーセージを開発

日本エスニック協会に集まる知見を集め、商品開発を実施。エスニックの日(5月29日)に発売を合わせ、協会監修商品として話題性を作った。

>>>今すぐ協会を作るには?