即日開通

ワイマックスはどうすれば即日開通できる?

投稿日:

引っ越しも終わったし、ゆっくりご飯でも食べながらお気に入りのネット動画でも
・・・ってこの部屋にインターネット回線無いじゃん!!!

明日からは仕事で自宅のインターネット回線を使うこともあるかもしれないし、
スマホの通信量だけじゃ心許ない・・・。

何とか今日中に自宅でインターネット回線を使えるようにしないと!

光回線を一から開通させるには工事が必要で、今日申し込んでも
実際に使えるようになるには少なくとも2週間から1か月は待たないといけません。

スマホでインターネットができるとは言うものの、
引っ越してから2週間以上自宅のインターネット回線が使えないのも不便ですよね。

そこで、できるだけ早く自宅のインターネット回線を開通させたい場合には、
ワイマックスがオススメです。

ワイマックスなら、何と最短で即日開通も可能なんですよ。

ワイマックスを即日開通させるには

ワイマックスは、
モバイルルーターやホームルーターといった端末を使ういわゆるモバイル回線です。

開通に工事は不要ですから、そもそも光回線などの固定回線のように申し込んでから
実際に使えるまで長く待たされることがありません。

とは言え、通常は2日から1週間程度掛かり、
ワイマックスなら何でも即日開通できるというわけではありません。

ワイマックスには約20社のプロバイダがあり、
それぞれにワイマックスの利用申し込みを受け付けています。

その申し込み先によって、
ワイマックスの即日開通が可能なのかどうかが決まるんですね。

即日開通可能なワイマックスの申し込み先

ワイマックスは、店舗に行くかプロバイダや代理店などのサイトから申し込みが
できるようになっています。

どちらでも可能なんですが、
ワイマックスを即日開通させたいなら店舗に足を運んで申し込むのが一般的です。

ワイマックスの申し込みを受け付けている店舗は
 ・UQショップ
 ・auショップ
 ・大手家電量販店
などです。

これらで申し込めば、店舗に端末の在庫があれば、
ほぼ確実にワイマックスの即日開通は可能です。

店舗での申し込みは、即日開通は可能ということに加えて、
実際に端末を使った説明が受けられるというメリットもあります。

初めてワイマックスを利用する場合には、
端末の使い方やスマホなどの接続方法がよく分からないということもあります。

それが店舗で申し込むことで、店員さんに端末の使い方などをレクチャーしてもらうことができますし、その他分からないこと・不安なことなども質問できます。

なので、できれば即日開通させたいんだけど、ワイマックスは使い方が分からないので
不安という場合には店舗で申し込むのが良いかもしれませんね。

店舗でワイマックスを申し込むのは損?

店舗での申し込みは、即日開通可能で店員さんに使い方などの説明をしてもらえる
というメリットがあるんですが、正直あまりお得とは言えないんです。

ネットサイトで申し込むタイプのプロバイダの中には、
独自のキャンペーンでお得な特典が貰えることもあるんです。

30,000円以上の高額なキャッシュバックが貰えたり、
2年や3年の期間限定ながら料金が大幅に割引されるといったこともあります。

店舗で申し込むと、キャッシュバックや料金割引といった特典を受け取ることができず、
金銭的にあまりお得じゃないんですね。

また店舗によっては、最新機種の在庫が無く、
即日開通するには古い機種を使わざるをえない場合もあります。

店舗で申し込む場合は端末代が無料になることも多いですから、性能の落ちる
古い機種を使わないといけない恐れがあるのは結構なデメリットだと思いますよ。

ワイマックスはネットで申し込んでも即日開通可能?

金銭的にお得じゃないという以前に、仕事などが忙しくて店舗にワイマックスを
申し込みに行く時間が無いということもあるかもしれません。

そうすると必然的にネットからワイマックスを申し込むことになるわけですが、
ネットで申し込んでもワイマックスの即日開通は可能なんでしょうか?

実は、ネットで申し込むタイプのプロバイダの中では、
「BroadWiMAX」が唯一即日開通可能となっています。

BroadWiMAXは、キャッシュバックこそ貰えませんが、
通信量無制限のプランが通常月額4,380円のところ
 ・0~2か月目・・・2,760円
 ・3~24か月目・・・3,411円
 ・25か月目以降・・・4,011円
で利用できます。
(利用開始月を0か月目とする)

最初の2年間は月900~1,600円ほど安く、
3年目以降継続して利用したとしても通常より月300円以上安く使えるんですね。

即日開通可能な上に料金も安いとなるとかなりお得に思えますが、
実は即日開通するには店舗に端末を受け取りに行かないといけません。

その端末が受け取れる店舗というのが
 ・渋谷(東京)
 ・秋葉原(東京)
 ・大宮(埼玉)
 ・梅田(大阪)
の4か所だけなんです。

受付時間は、渋谷と梅田が10時から19時、秋葉原と大宮が11時から19時で、
日曜祝日は休みとなっています。

店舗の受付時間内の申し込みで即日開通可能なんですが、
2時間以内に準備完了メールが送られてくることを考えると、
実質的には17時までに申し込まないと翌日になってしまう可能性が高いですね。

店舗に取り行けないなら「バイク便サービス」

店舗にワイマックスを申し込みに行く時間が無いのに、
店舗に端末を受け取りに行く時間なんてあるわけないじゃん!と普通は思いますよね。

そんなこともあろうかとBroadWiMAXには「バイク便サービス」があり、これを利用する
ことで自宅に居ながらにしてワイマックスを即日開通させることができるんです。

送料が1,200~5,000円とちょっと高めですが、店舗に端末を受け取りに行く時間が
無いので利用したいと思う人も多いんじゃないでしょうか。

ただしバイク便サービスによる即日開通は、
店舗での端末受取による即日開通よりもさらに条件が厳しくなっています。

バイク便サービスで即日開通するには、
まず午後12時までに申し込まないといけません。

しかもバイク便サービスが利用できるのは東京23区内のみで、
電話での申し込みに限られています。

東京以外の地域はもちろん、
東京都内でも23区外だとバイク便サービスは利用できません。

またBroadWiMAXでは、事務手数料や端末代とは別に、
18,857円という高額な初期費用が必要となります。

ネットで申し込むとキャンペーンでこれが無料になるんですが、
電話だと無料にならず、バイク便サービスを利用する場合には
送料と合わせて20,000円以上の費用が掛かることになるんですね。

即日開通にはクレジットカードが必須?

家電量販店などの店舗にしろ、BroadWiMAXにしろ、ワイマックスを
即日開通させるのであればクレジットカードは必須と言って良いと思います。

一部の店舗では口座振替での申し込みもできるんですが、
口座振替だと申し込みの際に審査が行われます。

過去にスマホなどの通信サービスで料金延滞をしていないかなどが調べられ、
料金延滞の履歴があると申し込み自体受け付けてもらえないこともあります。

さらに振替に使う口座についても、
 ・残高不足による振替不可
 ・犯罪利用の有無
などが調べられ、審査次第では申し込みが受け付けられませんし、申し込みは
できても口座振替の手続きが上手く行かず即日開通ができないことも考えられます。

クレジットカードでの申し込みであれば、
クレジットカードを持っている時点でより厳しい審査をクリアしていることが分かります。

なので店舗やプロバイダで改めて審査をする必要が無く、
スムーズに即日開通ができるというわけです。

BroadWiMAXで口座振替による即日開通は可能だが・・・

BroadWiMAXの即日開通には基本的にクレジットカードが必要ですが、
口座振替でも即日開通ができないわけではありません。

口座振替で即日開通するには、電話での申し込みで、
渋谷か秋葉原の店舗で端末を受け取らないといけないんです。

先にも書いたように、電話でBroadWiMAXを申し込むとキャンペーン対象外となり、
18,857円の初期費用を払わないといけなくなります。

受取店舗も東京の2か所に限られますから、
最寄りの店舗が大宮や梅田だと実質的に口座振替で即日開通は無理なんですね。

手間もお金も掛けずにワイマックスを即日開通させるのであれば、
やはりクレジットカードで申し込む方がベターです。

ワイマックスって通常は何日ぐらいで開通できる?

店舗やBroadWiMAXで申し込むと即日開通も可能ですが、他のプロバイダで
申し込んだ場合はワイマックスの開通に何日ぐらい掛かるのでしょうか?

BroadWiMAXで店舗受取やバイク便サービスを利用しない場合は、
最短で即日発送の翌日開通となります。

端末の即日発送はBroadWiMAXだけでなく、
UQWiMAXやGMOとくとくBBでも即日発送の翌日開通は可能です。

BroadWiMAXやUQWiMAXは即日発送が標準サービスですが、GMOとくとくBBの
場合は申し込み時に即日発送を希望しないと、4営業日以内の通常発送となります。

BroadWiMAXやGMOとくとくBB以外の主なワイマックスプロバイダでは
 ・BIGLOBE・・・2日から1週間で到着
 ・So-net・・・到着の目安は3~7日
 ・@nifty・・・最短4日で発送
などとなっています。

地域によっては発送から到着まで2~3日掛かることもあるので、即日発送であったと
しても「1週間以内には届く」ぐらいに思っておいた方が良いかもしれませんね。

申し込み時期や時間によって発送が遅れることも

BroadWiMAXやUQWiMAX、GMOとくとくBBが即日発送可能だからと言って、
いつ申し込んでも必ず即日発送となるわけではありません。

申し込みの時期や曜日、時間によっては即日発送ではなく、
翌日あるいは翌営業日以降の発送となってしまいます。

例えばBroadWiMAXの場合、即日発送となるのは月曜から金曜の13時までの
申し込みで、以降は翌日あるいは翌営業日の発送となります。

土曜は要相談で即日発送してもらえる可能性がありますが、
日曜祝日は発送業務自体行われていません。

またBroadWiMAXでは、
佐川急便のルールに則った配送時間の指定も可能となっています。

GMOとくとくBBの場合は、月曜から金曜は15時30分、
土日祝日は14時までの申し込みで即日発送が可能です。

UQWiMAXは、公式サイトに曜日や時間の詳しい記載がありませんが、
年末年始など連休中は即日発送とならずに到着が遅れることもあるみたいですね。

UQWiMAXに限らず、年末年始など大型連休を挟む場合には、
到着まで何日ぐらい掛かるのか事前に確認しておいた方が良いですよ。

それから、即日発送可能な曜日や時間に申し込んでも、本人確認書類など
申込内容の不備や端末が在庫切れで即日発送とならないこともあります。

-即日開通

Copyright© わいすぐ【ネットの即日開通】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.