ネット開通最短日

インターネット開通は最短何日?光回線だと1か月以上って本当?

投稿日:

引っ越しすることになったのは良いものの、
引っ越し先で使うインターネット回線の手続きはどうすれば良いんだろう?

できれば光回線を使いたいけど、光回線って最短何日ぐらいで開通できるんだろう?
今から申し込んでも引っ越し日に間に合うのかな?

引っ越しする場合など、自宅でインターネットを使うのに新しく光回線を引くのに
何日ぐらい掛かるのかは気になるところですよね。

いまやインターネットは「生活必需品」と言っても良いぐらいですから、
1か月も2か月も光回線が使えないなんて考えられません。

そこで、光回線を新規開通する場合には、
申し込みから最短で何日ぐらい掛かるのかを詳しく見ていきましょう。

早ければ1週間、遅いと3か月以上!?

一口に「光回線」と言っても、
 ・フレッツ光
 ・光コラボレーション
 ・auひかり
 ・NURO光
 ・コミュファ光、eo光などの電力会社系光回線
など色々な種類があります。

この中で申し込みから開通までのスピードが比較的早く、
最短で光回線を開通できる可能性があるのがNTTの「フレッツ光」です。

フレッツ光の新規開通までの目安は「1週間から3週間」程度で、
早ければ申し込んでから1週間で使えるようになります。

できるだけ早くインターネット回線を使えるようにしたいなら、
光回線ではなくWiMAXなどのモバイル回線の方が良いと言われますよね。

そんなモバイル回線でも、申し込みから開通まで1週間ぐらい掛かることはよくあります。

なので、フレッツ光なら上手く行けばモバイル回線と変わらないぐらいのスピードで
開通させることもできるわけです。

同じフレッツ光回線でも光コラボレーションだと10日から1か月程度と、
開通までフレッツ光より少し長く時間が掛かります。

フレッツ光以外の回線を使う
 ・auひかり
 ・NURO光
 ・電力会社系光回線
になると目安で1~3か月ですから、
開通まで少なくとも1か月以上は掛かることは覚悟しないといけません。

これらはあくまで「目安」ですから、申し込む時期や建物の状況などによって
開通が速くなったり遅くなったりします。
(早くなることは少ないかもしれませんが・・・)

光回線の開通に時間が掛かるのはなぜ?

光回線の開通までに時間が掛かるのは、
「工事が必要だから」だと一般的には思われています。

確かに開通に1週間から1か月も掛かるのは開通工事のせいなのも事実ですが、
開通工事自体にはそれほど時間が掛かるわけではありません。

工事と聞くと、「何台もの工事車両に大勢の作業員が数日掛かりで・・・」
というイメージを持っている人も少なからず居ると思います。

しかし実際の光回線の開通工事は、高所作業車が1台と作業員はせいぜい2~3人で、
工事自体は30分から1時間程度で終わります。

ですから光回線の開通では、
「工事に時間が掛かる」のではなく「工事までに時間が掛かる」んですね。

フレッツ光を例に開通工事までの流れを見ると、
 1.申し込み
 2.NTTで開通場所の番地登録
 3.フレッツ光のデータ登録
 4.工事業者との日程調整
 5.工事の実施
となっています。

申し込み後の「番地登録」と「データ登録」にそれぞれ少なくとも3営業日
掛かるんだとか。

その後工事業者との日程調整→工事の実施となるので、
すぐに工事が行われるとしても開通まで最短1週間は掛かることになるわけです。

ただ工事業者・申し込んだ側両者の都合もあるので、
フレッツ光のデータ登録後すぐに工事が行われることはほとんどありません。

両者とも都合の良い日時となると1週間2週間先ということになり、
実際には開通まで2~3週間は掛かると思っておいた方が良いかもしれないですね。

開通工事を早く実施してもらうには

1週間は難しいとしても2か月3か月はさすがに待てないですし、
遅くとも2週間から1か月以内ぐらいで光回線を使えるようにしたいところですよね。

では、光回線の開通工事をできるだけ早く実施してもらうには、
どうすれば良いのでしょうか?

申し込みから開通工事までの期間を短くする最大のポイントは、
「申し込みの時期」です。

光回線の工事業者の繁忙期は
 ・3~4月
 ・8~9月
 ・年末
で、引っ越し業者と重なっています。

引っ越しに伴って光回線の開通工事を依頼することが多いので、
必然的に引っ越し業者と光回線の工事業者の繁忙期が重なるというわけです。

しかも光回線のプロバイダや代理店は、
この繁忙期を狙ってお得なキャンペーンを展開します。

通常より多額のキャッシュバックが貰えるなど金銭的メリットが大きく、ただでさえ
繁忙期なのにさらに申し込みが増えて、工事業者の日程を抑えにくくなるということです。

極端な話、この時期の申し込みは1日どころから1時間遅れるだけで、
工事日が1週間2週間先になってしまうこともあるぐらいです。

ですから、例え金銭的メリットが小さくなっても、
工事業者の繁忙期を避けて申し込むというのがベターですよ。

もしどうしてもこの時期に光回線を開通させないといけないなら、
1日でも1時間でも早く申し込むようにしましょう。

土日祝日を避けるだけでも早くなる可能性大

繁忙期を避けるとか、できるだけ早く申し込むと言っても、
引っ越しに伴う光回線の開通だとそうはいきません。

転勤だと、場合によっては引っ越しまで1週間とか10日ぐらいしか時間が無く、
できるだけ早く申し込むと言っても限界があります。

そんな場合は、土日祝日を避けて工事日を調整するだけでも、
早く工事を行ってもらえる可能性が高くなりますよ。

光回線の開通工事には立ち会いが必要で、仕事や学校などを休む必要が無い
土日祝日から工事業者の予定は埋まっていきます。

なので、繁忙期はもちろん繁忙期でなくても、土日祝日に工事をしてもらおうとすると、
開通までの「待ち時間」が長くなってしまうわけです。

そこで土日祝日を避けて、平日に工事を実施してもらうことで
光回線開通までに掛かる日数を短くすることができるんですね。

工事の立ち会いは、申込者本人以外でもOKですし、
何ならその家の住人でなくても問題ありません。

なので平日はどうしても仕事を休めないのであれば、
家族や仲の良い友人に立ち会いをお願いしてみてはどうでしょうか。

インターネットお急ぎ便なら光回線開通まで最短2日!?

光回線を最短で開通させる方法をネットで調べてみると、
「インターネットお急ぎ便」なるサービスがヒットします。

これはフレッツ光の代理店が行っているサービスで、
何と「最短2日でインターネット回線が開通」するんだとか。

最短でも1週間、遅いと2か月も3か月も掛かる光回線の開通が最短2日なら、
誰でも利用したいと思いますよね。

しかしこのサービスはあくまで「最短2日でインターネット回線が開通」するだけであって、
「最短2日で光回線が開通」するわけじゃないんです。

光回線開通までの間、代替回線としてモバイルルーターがレンタルできる、
というのがお急ぎ便のサービス内容です。

モバイルルーター端末が最短2日で手元に届いて使えるというだけで、
光回線開通までは最短でも1週間というのは変わりませんよ。

インターネットお急ぎ便はお得じゃない?

インターネットお急ぎ便でレンタルできるモバイルルーターは、通信量無制限です。

光回線開通までの日数は変わらないとしても、代替回線として通信量無制限の
モバイルルーターがレンタルできるなら、それはそれでお得な感じもします。

しかし実際には、
インターネットお急ぎ便の利用にはあまりお得とは言えないような点も多々あります。

お急ぎ便を実施している代理店は少ない上に、別途料金が必要だったり、
NTT東日本管内でしか利用できなかったりするんです。

お急ぎ便を実施していない代理店ほど、高額なキャッシュバックや
Wi-Fiルーターなんかが貰えるなどお得なキャンペーンを行っています。

お急ぎ便を利用することで代理店が限られ、
こうしたキャンペーンが利用できなくなるというのはお得じゃないですよね。

またモバイルルーターのレンタルサービスは普通にありますし、
通信量無制限でも1か月5,000~6,000円程度で利用することができます。

プロバイダや代理店でキャッシュバックが貰えれば、
モバイルルーターのレンタル代を相殺しても余るぐらいです。

なので、多少手間は掛かりますが、お急ぎ便を利用するぐらいなら
モバイルルーターのレンタルサービスを利用した方が金銭的にお得なんですね。

光回線開通までの代替回線はスマホでも十分

お急ぎ便などでモバイルルーターをレンタルしなくても、
光回線開通までの代替回線としての役割はスマホが十分に果たしてくれます。

最近のスマホでは、「テザリング」というスマホをモバイルルーターのようにして使う
機能が使えるようになっています。
(機種によっては使えないことも)

テザリング機能を使うことで、タブレットやパソコンでもスマホの回線を通して
インターネットに接続することができるんです。

しかし「ただでさえスマホのデータ容量が足りないのに、テザリングなんて使ったら
すぐにデータ容量が無くなっちゃうじゃん!」という人も多いと思います。

大手携帯キャリアはもちろん、格安SIM事業者の多くでは1か月単位で
料金プランの変更ができるようになっています。

なので光回線開通までの間はデータ容量の大きいプランにしておき、
光回線が開通したら料金プランを元に戻すというふうにすれば良いわけです。

例えばドコモのスマホで料金プランが「ベーシックパック」だとすると、
毎月のパケット代は2,900~7,000円です。

それを月30GB使える「ウルトラデータLLパック」に変えると8,000円になりますから、
1,000~5,000円ほど高くなるだけです。

モバイルルーターのレンタルサービスだと、通信量無制限ですが、
月5,000~6,000円ほどのレンタル料が掛かります。

スマホでデータ容量の大きいプランに変更する方が安く済む可能性が高く、
レンタルに比べると料金プランの変更の方がはるかに手続きが簡単です。

なのでわざわざお急ぎ便などを利用しなくても、
スマホの料金プランを変更してデータ容量を増やし、テザリング機能を利用することで
十分光回線開通までの代替回線としての役割は果たせると思いますよ。

-ネット開通最短日

Copyright© わいすぐ【ネットの即日開通】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.