ネット開通最短日

auひかりの開通に最短で1か月以上って本当?

投稿日:

「やっぱ光回線の通信速度は速い方が良いに決まってるし、引っ越し先の
インターネット回線は最大通信速度が5Gbps・10Gbpsも選べるauひかりにしよう!」

「でもauひかりって開通までにどれぐらい掛かるんだろう?」
「引っ越し後すぐに使えないと不便だし、早めに申し込んだ方が良いのかなぁ?」

光回線を検討する際、料金や通信速度などはもちろん、
申し込みから開通までの日数も気になるところですよね。

他の回線からauひかりに乗り換えるのであれば、auひかり開通まで
他の回線を使えば良いですが、引っ越しする場合だとそうはいきません。

そこでauひかり開通までの流れと、それに掛かる日数について詳しく見ていきましょう。

auひかり開通までは最短でも3週間

auひかりの公式サイトでは、
申し込みから開通までの大まかな流れと期間について確認することができます。

サイトや代理店などを通してauひかりに申し込むと、
KDDIで氏名や住所など申込情報の登録が行われます。

その後電柱から宅内にauひかり回線が実際に引き込み可能かどうかの事前調査が
あり、そして工事日程の調整、開通工事実施という流れになります。

公式サイトによると、申し込みから工事日程調整の連絡が来るまで少なくとも2~3日、
場合によっては1週間から10日ほど掛かることもあります。

auひかりの開通工事は、工事日程調整の連絡があった翌日はもちろん1週間以内に
工事をしてもらうことは難しいようで、少なくとも2~3週間先になるようです。

申込情報の登録と開通工事実施までの待ち時間を合わせると、
auひかりの開通は最短でも3週間ということになるんですね。

ただし、申込者と工事業者の予定が上手く合えば最短3週間で開通可能というだけで、
実際は日程調整次第で1か月ぐらいは掛かると思った方が良いかもしれませんね。

事前調査に時間が掛かることも

auひかりでは、申し込みから工事の日程調整までに、
実際に開通工事が可能かどうかの事前調査が行われます。

NTTのフレッツ光やフレッツ光の回線を使う光コラボレーションでは、
事前調査が行われるというのはあまり聞いたことがありません。

auひかりは、フレッツ光や光コラボレーションと違って日本全国で使えるというわけでなく、
いわゆる対応エリアが限られています。

また対応エリア内であっても、
全ての電柱にauひかり回線が行き渡っているということでもないみたいです。

そのため、開通工事が可能かどうか、担当者が現地まで行って調査するというわけです。

申込住所の近隣で既にauひかりが利用されていれば調査は2~3日で済みますが、
近隣で利用されていない場合には調査に時間が掛かることもあります。

事前調査だけで2週間以上、場合によっては数か月掛かってしまうこともあるんだとか。

実際ネットでauひかりについて調べていると、「auひかりに申し込んで
1か月以上経つのに工事日程調整の連絡が来ない」といった口コミも見られました。

これは恐らく、事前調査に時間が掛かっているからなんでしょうね。
(それならそうと連絡してほしいですが・・・)

事前調査によって「工事不可」となることも

事前調査に多少時間が掛かっても「工事可能」となればまだ良いですが、
場合によっては「工事不可」と判断されてしまうこともあるんです。

申し込みから3~4か月待たされた挙句「工事不可」の連絡が来た、
というようなネットの口コミも実際にありました。

工事不可と判断されるケースとしては、
 ・建物内に回線を引き込むのに必要な配管穴が無い
 ・電柱が地下に埋設されている
 ・建物の構造上、回線を引き込むのが難しい
 ・電柱から建物に回線を通すのに、隣の家の敷地や道路・川の上を通る
などです。

通常、光回線を宅内に引き込む際にはエアコンのダクト穴などを利用しますが、
そうした既存の配管穴が利用できない場合には新たに壁に穴を開けることになります。

しかし建物が賃貸物件で、大家さんや管理会社から壁に穴を開ける許可が
貰えなければ、当然工事することはできません。

電柱が地下に埋設されている地域では、工事可能な場合もありますが、
工事不可と判断されることが多いようです。

工事できる場合でも道路を掘り返すのに自治体の許可が必要だったりするので、
可能と判断されるまで時間が掛かるでしょうね。

電柱から宅内に回線を通すのに隣の家の敷地や道路・川の上を通る場合、
当然それぞれの所有者・管理者に許可を取らないといけません。

隣の家の敷地を通る場合は隣の家の人に許可を貰うんですが、
「イヤ」と言われればそれまでで工事できないんですね。

最寄りの電柱が道路や川を挟んだ向こう側にある場合、
道路・川の上に架線することになります。

勝手に道路・川の上に架線することはできず、
道路や川を管理している自治体に許可を貰わないといけません。

国道や一級河川ともなると国土交通省に許可を貰うことになるので、結構大事ですよね。

安全上などの理由から許可が下りないことも多いでしょうし、
許可が貰えるとしても役所相手だけに時間が掛かるのは必至です。

ちなみに事前調査で工事不可と判断された場合には、
申し込みはキャンセルとなりますが違約金などは発生しません。

auひかり以外の光回線は最短どれぐらいで開通できる?

乗り換えでauひかり開通まで別の光回線が使えるなら良いですが、引っ越しなどで
そうもいかない場合には少なくとも3週間光回線が使えないのは不便ですよね。

人によっては、最大5Gbpsや10Gbpsの超高速通信を諦めてでも、
もっと早く開通できる光回線を選びたいかもしれません。

ではauひかり以外の光回線は最短何日ぐらいで開通できるのでしょうか?

auひかり以外の光回線と言えば、先に出てきたフレッツ光と光コラボレーションに加えて
 ・NURO光
 ・コミュファ光、eo光などの電力会社系光回線
があります。

この中で開通までの日数が短いのはフレッツ光で、最短1週間で開通可能です。

ただ、工事日程調整の連絡が来た次の日に、
都合よく申込者と工事業者の予定が空いているなんてことはほとんどありません。

なので最短1週間で開通可能とは言うものの、
実際には少なくとも2~3週間は掛かります。

同じフレッツ光の回線を使うのでも光コラボレーションだと、
開通まで最短でも10日となっています。

光コラボレーション事業者を通してNTTの手続きを行うことになるので、
直接NTTとやり取りできるフレッツ光よりも多少時間を要するんですね。

NURO光や電力会社系光回線は、auひかりと同じぐらいで、
開通には最短でも1か月ぐらいは掛かります。

auひかりと同じで工事日程調整までに事前調査が必要なことと、NURO光では屋外と
屋内の2度に分けて工事を行うということで、最短でも1か月は掛かるというわけです。

できるだけ早く光回線を開通させたいのであれば、auひかりやNURO光などよりも
フレッツ光や光コラボレーションを選んだ方が良いということになります。

auひかりをできるだけ早く開通させるには

引っ越しに伴う新規申込だと、
auひかりが開通するまで自宅でインターネット回線が使えないことになります。

最近はスマホが代替回線としての役割を果たしてくれるとは言え、
1か月も自宅の光回線が使えないとなると不便ですよね。

どうせなら最短の3週間でauひかりを開通させたいところですが、
どうすればauひかりを早く開通させることができるのでしょうか?

auひかりの開通に日数が掛かる原因は
 ・事前調査
 ・開通工事
にあります。

先にも書いたように事前調査に時間が掛かるのは申込者にはどうしようもありませんが、
開通工事までの待ち時間は、申込者次第で短くすることも可能です。

まず開通工事までに1か月以上待たされるのは、工事業者が忙しいからです。

とすると、工事業者が比較的忙しくない時期にauひかりを申し込めば、
申し込みからそれほど日数を開けずに工事してもらうこともできるというわけです。

auひかりに限らず光回線の開通工事は引っ越しに伴って行われることも多いので、
光回線の工事業者の繁忙期は3月4月になります。

3月4月ほどではありませんが、やはり引っ越しの多い8月9月、
年末年始の12月1月辺りも工事業者の忙しい時期だと思います。

まして光回線事業者やプロバイダ、
代理店はこの時期を狙って高額キャッシュバックなどお得なキャンペーンを実施します。

なのでこうした繁忙期に申し込んでしまうと、工事業者の予定を押さえることが難しくなり、
開通工事が1か月先2か月先となってしまうんですね。

逆に繁忙期を避けて申し込むことで、工事業者の予定が押さえやすくなり、
最短の3週間で開通させることも可能となるわけです。

工事日を工事業者の都合に合わせる

工事業者の繁忙期を避けて申し込むと言ったって、
進学や就職での引っ越しに伴うものだと繁忙期に申し込まざるをえないですよね。

それでも進学や就職なら早めに申し込むことで
できるだけ早く工事してもらうこともできますが、転勤だとそうもいきません。

場合によっては転勤の内示が1週間や10日前なんてこともありますから、
繁忙期だからと言って早めに申し込むこともできないんですよね。

そんな場合は、申込者側から希望を出さずに、
工事業者の都合に合わせて日程を決めると早く工事してもらえることもあります。

繁忙期と言っても必ずどこかに手の空いている時間帯があるはずですから、
工事業者の都合に合わせることで工事が早くなる可能性が高くなるというわけです。

光回線の開通工事には立ち会いが必要ですから、
仕事や学校などを休む必要が無い土日から工事業者の予定は埋まっていきます。

なので工事業者の都合に合わせると、
必然的に平日に開通工事が行われることになります。

開通工事の立ち会いは申込者でなくてもOKですから、仕事や学校が休めない場合は
家族や仲の良い友人にお願いしてみると良いのではないでしょうか。

auひかり開通までの代替回線は用意した方が良い?

auひかり開通まで最短でも3週間、通常であれば1か月ぐらいは掛かります。

引っ越しに伴うauひかり開通の場合は、その間自宅のインターネット回線が
使えないので、代替回線の利用も検討したくなるところです。

フレッツ光の代理店や光コラボレーションであるソフトバンク光では、光回線開通までの
代替回線としてモバイルルーターなどをレンタルできるサービスがあります。

しかしauひかりではそうしたサービスは行われていないので、代替回線を用意すると
なるとモバイルルーターのレンタルサービスを利用することになります。

通常モバイルルーターのレンタルサービスでは、
通信量無制限で料金が月5,000~6,000円となっています。

代理店やプロバイダでキャッシュバックが貰えるなら、相殺して余りあるので、
開通までの代替回線としてモバイルルーターをレンタルするのも良いとは思います。

ただ最近のスマホには、スマホをモバイルルーターのように使うことができる
「テザリング」という機能が搭載されています。

ですからモバイルルーターをレンタルしなくても、
スマホの料金プランを通信量の多いものに一時的に変更してテザリングを利用すれば、
auひかり開通まで十分凌げるのではないでしょうか。

スマホを通信量の多いプランに変更してテザリングを使う方が金銭的にも安いので、
無理にモバイルルーターをレンタルする必要は無いと思いますよ。

-ネット開通最短日

Copyright© わいすぐ【ネットの即日開通】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.