ネット開通最短日

ドコモ光は最短でも3週間!?できるだけ早く開通させるには

投稿日:

「一人暮らしをすることになったんだけど、一人暮らしは何かとお金が掛かるってことで、
インターネット回線は今使ってるドコモスマホとのセット割があるドコモ光にしよう。」

「でも光回線って開通までに時間が掛かるって言われてるよなぁ。」
「やっぱりドコモ光も開通には1か月ぐらい掛かるのかなぁ」

他の光回線からドコモ光への乗り換えなら、ドコモ光の開通に多少時間が掛かっても、
それまで他の光回線が使えるのであまり問題ありません。

しかし引っ越しに伴うものとなると、代わりに使える光回線がありませんから、
ドコモ光開通に何か月も掛かるようでは困りますよね。

ある程度時間が掛かるのは仕方ないとしても、
ドコモ光開通に掛かる日数の目安が分かっていれば、それに応じて早めに
申し込むことで自宅でインターネット回線が使えない期間を短くすることもできます。

そこで「ドコモ光は最短何日で開通できるのか」について詳しく見ていきましょう。

ドコモ光開通は最短3週間

ドコモ光に限らず光コラボレーションに申し込むと、
まずNTTで申込住所の番地登録とフレッツ光のデータ登録が行われます。

これは光コラボレーションがフレッツ光の回線を使うサービスなので、
NTTでの手続きが必要になるからなんですね。

このNTTでの手続きが終了すると、
ドコモ光から工事日程の調整に関する連絡が入ります。

ここで工事日が確定して開通工事へと流れていくんですが、
まずNTTでの番地登録とデータ登録にはそれぞれ最短3営業日掛かります。

なので申し込みからドコモ光から工事日程を調整する連絡が入るまでに、
少なくとも1週間ぐらい掛かることになります。

さらにドコモ光の公式サイトを見ると、「開通日・工事日の確定からご利用開始まで、
おおむね2週間」掛かると記載されています。
(「」内は引用)

工事日が確定するまでに1週間、工事日が確定してからおおむね2週間掛かるので、
申し込みからドコモ光開通までは最短でも3週間は掛かることになるわけです。

フレッツ光からの転用だと最短10日程度

ドコモ光を新規開通する場合は最短でも3週間ですが、
フレッツ光からの転用であれば最短10日程度で開通させることもできます。

ドコモ光などの光コラボレーションではフレッツ光の回線を使うので、
フレッツ光からの転用だと基本的に撤去や開通の工事が必要ありません。

そのため、NTTとドコモ光の間でのサービス切り替え手続きのみで、工事実施までの
待ち時間が無くなるので新規よりも早く開通できる可能性が高いわけです。

ただし、転用に伴ってフレッツ光で最大100Mbpsだったものをドコモ光で最大1Gbpsに
グレードアップする場合などは、転用でも工事が必要となることがあります。

「無派遣工事」なので工事業者が自宅まで来て工事を行うわけではありませんが、
それでも工事無しでの転用よりは多少日数が掛かってしまいますよ。
(およそ2週間程度)

もっと早く開通できる光回線は無いの?

乗り換えで他の光回線が使えるならともかく、引っ越し後1か月近くも
自宅のインターネット回線が使えないというのは不便ですよね。

そうすると、もっと早く開通できる光回線があればそちらを利用したいと考える場合も
あるかもしれません。

では、ドコモ光以外の光回線は開通まで最短何日ぐらい掛かるのでしょうか?

光回線でもっともポピュラーなのが先にも名前が出てきたNTTのフレッツ光ですが、
フレッツ光の開通は最短で1週間となっています。

NTTでの番地登録とデータ登録にそれぞれ3日掛かり、
その後の日程調整で工事日が翌日となると最短の1週間で開通できます。

ただ日程調整で工事日が翌日になるなんてことはまずありえないですし、
少なくとも1週間2週間先となります。

なのでフレッツ光の開通は、最短1週間とは言うものの、
実際には2~3週間は掛かると思っておいた方が良いですね。

ドコモ光以外の光コラボレーションは、開通まで最短で2~3週間、
実際には3週間から1か月ぐらいは掛かります。

光回線には、フレッツ光の回線を使ったサービス以外にも
 ・auひかり
 ・NURO光
 ・コミュファ光、eo光などの電力会社系光回線
があります。

これらの独自の回線を使うサービスでは、フレッツ光や光コラボレーションよりもさらに
開通までの待ち時間が長く、最短でも1か月は掛かってしまいます。

ドコモ光よりも早く開通できる可能性がある光回線は、
フレッツ光ぐらいしかありませんよ。

auひかりやNURO光などの開通が遅いのは「事前調査」が必要だから?

使う回線が違うとは言え、必要な手続きや工事はほとんど同じはずですから、
サービスによって開通までに掛かる日数が大きく変わるのはおかしいですよね。

実はauひかり・NURO光・電力会社系光回線では、
番地登録やデータ登録などの手続きと日程調整の間に「事前調査」が行われるんです。

auひかりなどの独自の回線を使うサービスは、利用できるエリアが決まっており、
フレッツ光のように日本全国どこでも利用できるというわけではありません。

auひかりは中部・関西・沖縄では利用できませんし、NURO光は関東・東海・関西のみ、
電力会社系光回線は各電力会社の管内のみの利用となっています。

また利用できるエリア内でも全ての電柱に回線が行き渡っているということでもなく、
場合によってはエリア内でも利用できないこともあるんだとか。

そのため、申し込みのあった住所で実際に開通工事が可能かどうか、
事前に担当者が現地まで行って調査する必要があるわけです。

この事前調査に2週間以上掛かることもあるので、
フレッツ光や光コラボレーションよりも開通に日数を要するんですね。

事前調査で開通工事不可という結果がでることも

フレッツ光やドコモ光などの光コラボレーションでは、工事日確定前に調査は
行われませんが、工事当日に簡単な調査が行われて工事内容が決まります。

場合によっては、auひかりなどは事前調査、
ドコモ光などは工事当日の調査で工事できないと判断されてしまうこともあるんです。

例えば
 ・回線を宅内に引き込むための配管穴などが無い
 ・電柱が地中化されている
 ・回線を引き込むのに隣の家の敷地・道路・川の上に架線しないといけない
などといった場合には工事不可となってしまう恐れがあります。

通常光回線を宅内に引き込む際にはエアコンのダクト穴を利用しますが、電話回線
などで既に使われており、光回線を引き込む物理的なスペースが無かったりします。

ダクト穴が使えなければ別途壁に穴を開ければ良いんですが、賃貸物件だと
大家さんや管理会社から穴を開ける許可が下りず、工事できなくなってしまうわけです。

電柱の地中化は、auひかりなどは工事不可と判断される恐れが大ですが、
フレッツ光やドコモ光など光コラボレーションだと工事してもらえる可能性の方が
高いと思います。

ただし道路を掘り返すのに自治体の許可が必要だったりして、
通常の開通工事より時間が掛かる恐れはありますね。

電柱と回線を引き込む住宅との位置関係によっては、
隣の家の敷地の上に架線せざるをえないことも考えられます。

この場合、隣の家の敷地内に入って作業することになるので、敷地の上に架線すること
に加えて敷地内で作業することの許可を隣の家の人に貰わないといけません。

許可が貰えないと当然工事できませんし、ドコモ光のように当日調査だと、
隣の家の人が不在で許可が貰えずその日は工事できないなんてこともあるんですね。

また道路や川の上に勝手に架線することは禁止されており、
道路や川を管理している役所に許可を貰う必要があります。

国道や一級河川を管理しているのは国土交通省ですから、
場合によっては国に許可を貰わないと開通工事ができないということになります。

安全上などの理由で架線が許可されないことも十分考えられますし、許可されるに
しても相手はお役所ですから時間が掛かると思っておいた方が良いですよ。

できるだけ早くドコモ光を開通させるには

ドコモ光の開通には最短3週間掛かりますが、
できれば1日でも早く開通させたいというのが本音ですよね。

ドコモ光を少しでも早く開通させるためには、
申し込みの時期が重要なポイントとなります。

ドコモ光に限らず光回線の開通に時間が掛かるのは、
工事業者の予定を押さえるのが難しいからです。

基本的に光回線の工事業者は多忙ですから、今日日程調整をして
明日工事ということはほとんどなく、どうしても1週間2週間先となってしまいます。

これが工事業者の繁忙期ともなると、さらに予定を押さえることが難しくなり、
工事日が1か月2か月先となってしまうんですね。

そこで、工事業者の繁忙期を避けてドコモ光に申し込むことで、
少しでも早く開通させることができるというわけです。

引っ越しに伴って開通工事が行われることも多いですから、引っ越し業者と同じで、
工事業者の繁忙期は3月4月ということになります。

また3月4月ほどではないものの、8月9月あるいは年末年始の12月1月辺りも
引っ越しの多い時期ですから、工事業者も忙しいと思います。

加えて3月・9月・12月は企業の決算期だったりするので、代理店やプロバイダで
キャッシュバックなどのお得なキャンペーンが行われることも多くなっています。

そうすると必然的にこれらの時期に申込者が増え、工事業者が多忙となり、
工事日が先延ばしになってしまうんですね。

ですから、工事業者の繁忙期を避けてドコモ光を申し込むというのが、
少しでも早く開通させる大きなポイントとなるわけです。

工事日は業者の都合に合わせる

進学や就職などでの引っ越しに伴って、どうしても工事業者の繁忙期にドコモ光を
申し込まざるをえない、ということもあると思います。

そういう場合には、工事日についてこちらから希望は出さずに、
工事業者の都合に合わせるようにしましょう。

いくら繁忙期と言っても、毎日朝から夜まで予定が詰まっているということは無く、
1日の中で予定の入っていない時間帯が必ずあるはずです。

ですから工事業者の都合に合わせることで、こちらから希望を出す場合よりも、
大幅に早く開通工事が行われる可能性があるんですね。

ただし、光回線の開通工事には立ち会いが必要ですから、
工事業者の予定は仕事や学校を休む必要が無い土日から埋まっていきます。

なので工事業者の都合に合わせると、必然的に工事日は平日となってしまいます。

工事の立ち会いは申込者本人でなくてもOKですから、
仕事や学校が休めないのであれば、家族や仲の良い友人にお願いしてみましょう。

ドコモ光開通までの「代替回線」は必要?

ドコモ光開通に最短でも3週間掛かるとなると、
その間代わりに使えるモバイルルーターなどの利用を検討したくなりますよね。

フレッツ光の代理店やソフトバンク光では、
開通までの間にモバイルルーターなどがレンタルできるサービスが行われています。

ドコモ光にはそういうサービスはありませんから、モバイルルーターを使うのであれば、
通常のレンタルサービスを利用することになります。

通常のモバイルルーターのレンタルサービスだと、
通信量無制限で料金が月5,000~6,000円です。

キャッシュバックが貰えるプロバイダから申し込むのであれば、十分相殺できるので、
利用を検討しても良いかもしれません。

しかし最近のスマホには、
スマホをモバイルルーターのように使える「テザリング」という機能が搭載されています。

なのでドコモ光開通までの間、スマホの料金プランを通信量の多いものに変えて
テザリングを利用することで代替回線の役割は果たせると思います。

モバイルルーターをレンタルするよりスマホのプランを通信量の多いものに変える方が安く済む可能性が高いですから、モバイルルーターをレンタルする必要は
無いんじゃないでしょうか。

-ネット開通最短日

Copyright© わいすぐ【ネットの即日開通】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.