引越し時のインターネットで得する

インターネットお急ぎ便ってどんなサービス?評判は?

投稿日:

「開通に時間が掛かるってことで引っ越し先で光回線を使うのは諦めてたけど、
調べてたら『インターネットお急ぎ便』なるサービスを見つけた」

「何でもこのサービスを利用すれば、
すぐにインターネット回線が使えるようになるらしい」

「でもこういうお得そうなサービスって落とし穴も多いし、
実際に利用した人の評判はどうなっているんだろう?」

光回線の代理店の中には、「明日からすぐ使える」「最短2日でネットが使える」などを
謳い文句としたインターネットお急ぎ便というサービスを行っているところがあります。

光回線の開通にはどんなに早くても2~3週間は掛かりますから、
それが2日で開通できるなら誰でも利用したいと思っちゃいますよね。

そこで、インターネットお急ぎ便の詳しいサービス内容と実際に利用した人の
評判などについて詳しく見ていきましょう。

インターネットお急ぎ便は最短2日で光回線が開通するわけじゃない

現状インターネットお急ぎ便のサービスを行っているのは
 ・ディリット
 ・エフプレイン
という代理店2社です。

それ以外にも、光コラボレーションのソフトバンク光が「開通前レンタル」という名前で
お急ぎ便と同じような内容のサービスを行っています。

「すぐに使える」とか「最短2日で使える」なんてことを光回線の代理店に言われると、
普通は「光回線がすぐに使える、最短2日で使える」と思ってしまいます。

しかし実際には、インターネットお急ぎ便で光回線がすぐに使えたり
最短2日で使えるようになることはありません。

インターネットお急ぎ便というのは、光回線が開通するまでの期間
モバイルルーターをレンタルしてもらえるサービスのことです。

ですからインターネットお急ぎ便を申し込んだら、次の日かその次の日に
モバイルルーターでインターネットが使えるようになるというだけのことなんですね。

ディリットとソフトバンク光は無料、エフプレインは10,000円

ディリットのインターネットお急ぎ便とソフトバンク光の開通前レンタルは、
無料で利用することができます。

対してエフプレインのお急ぎ便は、10,000円の料金が発生します。

また、ディリットはWiMAX、エフプレインはワイモバイル、
ソフトバンク光はSoftBankAirといずれも基本的に通信量無制限の
モバイルルーターあるいはホームルーターがレンタルできます。

ただしソフトバンク光でSoftBankAirの対応エリア外だと、
ソフトバンクのモバイルルーターをレンタルすることになります。

モバイルルーターはソフトバンクの料金プランに沿った内容となるので、
通信量は無制限ではなく月間7GBまでしか使えません。

SoftBankAirの対応エリアって案外狭いので、ソフトバンク光の開通前レンタルを
利用するとモバイルルーターが送られてくる可能性が結構高いと思いますよ。

またエフプレインはフレッツ光、ソフトバンク光は当然ソフトバンク光しか選べませんが、ディリットでは
 ・フレッツ光
 ・ソフトバンク光
 ・So-net光
と利用する光回線も選ぶことができるようになっています。

そう考えると、無料で通信量無制限のモバイルルーターがレンタルできる上に
光回線も選べるディリットのインターネットお急ぎ便が一番お得ってことになるでしょうか。

ディリットはキャッシュバック無し

サービス内容だけを比較するとディリットが一番お得ということになるかもしれませんが、
金銭的な面を考慮するとディリットが一番とも言えないんですよね。

ディリットはインターネットお急ぎ便が無料で使えるんですが、
キャッシュバックが貰えません。

対してエフプレインは、お急ぎ便の利用に10,000円掛かるものの、
最大80,000円のキャッシュバックが貰える可能性があります。

ソフトバンク光の場合は公式サービスですから、キャッシュバックキャンペーンがある
代理店から申し込めば、開通前レンタルを利用した上でキャッシュバックも貰えます。

なので、SoftBankAirが使えるということが前提にはなりますが、開通前レンタルが
無料でさらにキャッシュバックも貰えるソフトバンク光が金銭的には一番お得ですね。

インターネットお急ぎ便の評判はどうなの?

光回線が1~2日で開通できるわけじゃないけど、
開通まで代替回線としてモバイルルーターが使えるってことで
インターネットお急ぎ便の利用者は増えているそうです。

しかしその反響はまだ少ないようで、評判などインターネットお急ぎ便に関する
ネットの口コミはほとんど見つかりませんでした。

数少ない口コミを拾ってみると
 ・インターネットお急ぎ便スゴイ!
 ・昨日の夕方申し込んだのにもう届いた
 ・何より無料なのは嬉しい
 ・フレッツ光以外も選べる
など、実際に使った人からの評判は上々のようです。

光回線の開通には日数を要するので、引っ越しに伴って開通させる場合には
自宅でインターネットが使えない期間が発生してしまいます。

インターネットお急ぎ便を利用することで、そのインターネットが使えない期間を
埋めることができるというのはやはりありがたいんですね。

良いと言う人が居れば悪いと言う人も当然居ますから、
インターネットお急ぎ便に対して否定的な意見もあります。

ディリットだと「キャッシュバックが貰えない」ことが不満で、サービス内容には満足して
いるもののキャッシュバックが貰えるともっと良かったという口コミが見られました。

エフプレインは、何と言ってもお急ぎ便の利用に料金が必要なことに
不満を持っている人が多いですね。

モバイルルーターのレンタルサービスでも月額5,000~6,000円ですし、
何より同じようなサービスをディリットなどでは無料で利用できますから、
やはり10,000円掛かるというのは大きなネックですよね。

さらに3社に共通する不満としては、
「光回線の選択肢が無いあるいは少ない」ということです。

選択肢のあるディリットでもフレッツ光・ソフトバンク光・So-net光の3つだけで、
ドコモ光やauひかり、NURO光を使いたい場合には利用できないというのは
ちょっと痛いところです。

お急ぎ便を使うなら、普通にモバイルルーターをレンタルした方が良い?

評判は比較的良いんですが、
個人的な意見としてはインターネットお急ぎ便の利用はあまりオススメできません。

お急ぎ便を利用するぐらいなら、多少手間は掛かりますが、
普通にモバイルルーターをレンタルした方が良いと思います。

先にも少しで書きましたが、モバイルルーターのレンタルサービスでは
通信量無制限のものでも月額5,000~6,000円で利用することができます。

光回線の開通に2か月も3か月も掛かるならともかく、
1か月ぐらいであればエフプレインのお急ぎ便を利用するよりも安く済みます。

ディリットは無料なもののキャッシュバックが貰えませんし、
ソフトバンク光は光回線の選択肢がありません。

光回線の申し込みとは別にモバイルルーターをレンタルすれば、
好きな光回線を選べる上にキャッシュバックも貰える可能性が出てきます。

例え数日でもインターネットが使えないのは困るというのなら、お急ぎ便ではなく、
普通にモバイルルーターをレンタルした方が金銭的にお得ですよ。

スマホのテザリングでモバイルルーターすら不要?

もっと言うと、
光回線開通までにモバイルルーターをレンタルする必要すら無いんじゃないでしょうか。

最近のスマホには「テザリング」という、
スマホをモバイルルーターのようにして使うことができる機能が搭載されています。

テザリング機能を使うことで、
パソコンやタブレットをスマホの回線を通じてインターネットに接続することができます。

スマホの料金プランを、光回線開通までの間、通信量の大きいものに変更して
テザリングを使えば、モバイルルーターすら要らないように思います。

通信量の一番小さいプランから一番大きいプランに変更しても、プラス月5,000円程度
ですからモバイルルーターをレンタルするのと料金的にも変わりませんよ。

インターネットが使えない期間を作りたくないなら、光回線よりWiMAX

光回線の開通までには1か月以上掛かることもありますから、
インターネットお急ぎ便を使いたくなる気持ちも分かります。

しかし引っ越し後すぐにインターネットを使いたいというのであれば、
光回線ではなくWiMAXの利用をオススメします。

WiMAXなら、
 ・UQショップ
 ・auショップ
 ・家電量販店
などの店舗で申し込めば、即日開通も可能です。

さらにBroadWiMAXというプロバイダでは、WiMAX受取センターに端末を取りに
行くことで、ネットからの申し込みでも即日開通できるんです。

BroadWiMAXにはバイク便サービスもあり、こちらなら店舗に行かずとも、
自宅に居ながらにしてWiMAXを即日開通させることができます。

WiMAXは通信量無制限ですし、
料金も月額4,000円程度で光回線並みかそれ以下となっていますよ。

再度引っ越す場合もWiMAXの方が手軽

今度の引越し先が「終の棲家」というならともかく、一人暮らしなら昇給や結婚など、
既婚者でも転勤や出産などで再度引っ越ししなければならないことも出てきます。

引っ越しをする際の手続きも、光回線よりもWiMAXの方がはるかに手軽です。

光回線も移転手続きを行えば引っ越し先で引き続き使うことはできるんですが、
引っ越し先にその回線が開通していないと一から工事を行わないといけません。

また現状の自宅が賃貸物件だと、
原状回復として使っていた光回線の撤去を求められることもあります。

開通に日数を要してインターネットが使えない期間が生じるのは変わらず、
撤去工事に掛かる手間とお金まで発生してしまうことになるんですね。

さらにauひかりやNURO光、電力会社系光回線など利用できるエリアが限られている
光回線を使っていた場合には、引越し先がエリア外だと引き続き使うことができません。

そうなると当然解約することになるので、時期によっては違約金が発生します。

なので光回線だと引っ越しの際に
 ・開通工事費
 ・撤去工事費
 ・違約金
合わせて数万円の費用が掛かってしまう恐れもあります。

一方WiMAXは住所変更の手続きを行うだけで、
後は引っ越し先に端末を持って行けば、そのまま引き続き使うことができます。

WiMAXも対応エリアが限られているものの、
引っ越し先が人里離れた山奥か離島でなければ、引き続き使える可能性が高いです。

このように、WiMAXは引っ越しの際に光回線に比べて手間もお金も掛かりません。

なので将来的に引っ越しをする可能性があるなら、お急ぎ便を利用して
光回線を開通させるよりもWiMAXを使った方が良いと思いますよ。

-引越し時のインターネットで得する

Copyright© わいすぐ【ネットの即日開通】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.