引越し時のインターネットで得する

インターネット最短便なら光回線が明日から使える?

投稿日:

「明日引っ越しだって言うのに、
引っ越し先で使う光回線の申し込みするの忘れてたぁ!!!」

「どうにかならないかな・・・、
ん?インターネットが明日から使える『インターネット最速便』?これイイじゃん!」

初めての引っ越しする場合には、業者の手配に荷造りなどに追われて、
引っ越し後に使う光回線のことまで頭が行かなかったりするんですよね。

光回線は通常開通まで2週間から1か月は掛かりますから、
その間自宅でインターネットができないことになってしまいます。

しかし今やインターネットは重要な生活インフラとなりつつありますから、
さすがに2週間以上もインターネットが使えないのは不便です。

それだけに、
インターネットが明日から使える「インターネット最速便」は非常に魅力的ですよね。

そこで、インターネット最速便とはどういうものなのか、
そのサービス内容などについて詳しく見ていきましょう。

インターネット最速便で光回線が明日から使えるの?

インターネット最速便は、「ディリット」という光回線の代理店が行っているサービスです。

光回線の代理店のサービスで、インターネットが明日から使えるとなると、
「インターネット最速便=光回線が明日から使える」と思っちゃいます。

本当に開通まで2週間から1か月掛かる光回線が明日から使えるようになるなら、
誰でもインターネット最速便を利用したいですよね。

しかし実際には、インターネット最速便はあくまで「インターネットが明日から使える」だけ
であって「光回線が明日から使える」というわけではありません。

インターネット最速便は、光回線開通までの期間、
代わりのインターネット回線としてモバイルルーターをレンタルしてくれるサービスです。

ですから、光回線ではなく代替回線であるモバイルルーターが
明日から使えるというだけのことなんですね。

モバイルルーターは通信量無制限で無料

すぐに使えるとは言え、モバイルルーターじゃあ光回線の代替回線としては
力不足な感じがするかもしれません。

確かに通信速度や安定性などの面では光回線に及ばないものの、
インターネット最速便でレンタルできるモバイルルーターは通信量無制限です。

通信量無制限なら、開通までの短い間だけですから、通信速度や安定性に
多少不安があったとしても十分光回線の代わりは務まりそうですよね。

しかもインターネット最速便は無料で利用できます。

通常、通信量無制限のモバイルルーターをレンタルすると、
1か月で5,000~6,000円程度は掛かります。

引っ越しにも光回線開通にもお金は掛かりますから、
例え5,000~6,000円でも費用が浮くのはありがたいですね。

「インターネットお急ぎ便」とは何が違う?

光回線の代理店であるディリットでは、インターネット最速便とは別に、
「インターネットお急ぎ便」というサービスも行っています。

ひょっとすると、最速便は初めて聞いたけどお急ぎ便は聞いたことがあるという人も
居るかもしれません。

「最速便」と「お急ぎ便」は言葉のイメージ的には近いものがありますが、
この2つのサービスにはどんな違いがあるのでしょうか?

実はお急ぎ便も、
光回線開通までの間にモバイルルーターがレンタルできるというサービスです。

お急ぎ便も、もちろん料金は無料ですし、
レンタルできるモバイルルーターは通信量無制限です。

それぞれの申込サイトを見ても、内容はほとんど同じで、
問い合わせの電話番号も同じものとなっています。

最速便とお急ぎ便を分けている理由は分かりませんが、利用する側からすると、
名前が違うだけで同じサービスと思っても良いのではないでしょうか。

インターネット最速便を利用するメリットは無い?

光回線開通まで無料で通信量無制限のモバイルルーターが使えるのは大きなメリット
ですが、個人的にはインターネット最速便の利用はあまりオススメできません。

まずディリットで取り扱っている光回線が
 ・フレッツ光
 ・ソフトバンク光
 ・So-net光
の3つだけということです。

世界最速を自認する「NURO光」や
一部地域で最大5Gbps・10Gbpsが使える「auひかり」、
ドコモスマホとのセット割がある「ドコモ光」などはディリットで申し込めません。

最初からフレッツ光やソフトバンク光などを使おうと考えていたなら良いですが、
インターネット最速便のために光回線の選択肢が限られるというは
結構なデメリットではないでしょうか。

キャッシュバックが貰えない

インターネット最速便やお急ぎ便の申込サイトを見る限りでは、
キャッシュバックが貰えるキャンペーンが行われていません。

光回線の代理店の中には、数万円のキャッシュバックが貰えたり、PS4やNintendoSwitchなどの特典が貰えるキャンペーンを行っているところもあります。
(有料オプションへの加入などが条件となっていることも)

モバイルルーターのレンタル料5,000~6,000円が浮くのと、
数万円分の現金や特典が貰えるのではどちらがお得かは一目瞭然ですよね。

実際インターネット最速便やお急ぎ便に関するネットの口コミを見ても、
「あとはキャッシュバックさえ貰えれば言うこと無し」といった意見が少なくありません。

なのでインターネット最速便を利用するのであれば、
キャッシュバックが貰える代理店やプロバイダで好きな光回線を申し込み、
別途モバイルルーターをレンタルした方がお得だと思います。

モバイルルーターのレンタル料は通信量無制限でも1か月5,000~6,000円ですから、
キャッシュバックが貰えばレンタル料を相殺しても余りあります。

しかも光回線の選択肢が狭まることもないわけですから、
キャッシュバックを貰ってモバイルルーターを別途レンタルした方がお得ですよ。

ソフトバンク光には「開通前レンタル」というサービスがある

ディリットでは、ソフトバンク光を申し込む際にもインターネット最速便が利用できます。

ところがソフトバンク光では、インターネット最速便と同じような内容の
「開通前レンタル」というサービスを公式で行っています。

ソフトバンク光の開通前レンタルでは、ソフトバンク光が開通するまでの間、
SoftBankAirもしくはソフトバンクのポケットWiFiが無料でレンタルできます。

開通前レンタルはソフトバンク光の公式サービスですから、
特定の代理店から申し込まなくても利用できます。

なのでキャッシュバックが貰えるソフトバンク光の代理店から申し込んで
開通前レンタルを利用すれば、キャッシュバックが貰える上に
SoftBankAirかポケットWiFiが無料でレンタルできるんですね。

ソフトバンク光を利用する場合は、インターネット最速便ではなく、
ソフトバンク光公式の開通前レンタルを利用した方がお得ってことです。

そもそも光回線開通前までの代替回線すら不要?

個人的な意見としては、そもそも光回線開通までの代替回線として
モバイルルーターなどをレンタルする必要すら無いと思います。

一昔前ならともかく、
最近はほとんどの人が「スマホ」という代替回線を既に使っています。

でも「スマホだけじゃなくて、パソコンとかタブレットでもインターネットしたいし」
と思いますよね。

自宅でインターネットを使うのがプライベート用だけならスマホだけでも良いですが、
仕事用としても使うとなるとスマホだけではやっぱり不便です。

しかし最近のほとんどのスマホには、「テザリング」という機能が搭載されています。

テザリングはスマホをモバイルルーターのように使う機能で、パソコンやタブレットなどを
スマホの回線を通してインターネットに接続することができます。

ただタブレットもパソコンもスマホの回線を使うとなると、
そのままでは確実にスマホが通信制限を受けてしまいます。

そこで、光回線が開通するまでの間、
スマホの料金プランを通信量を多く使えるものに一時的に変更しておくと良いですよ。

例えばドコモのスマホで、一番通信量の少ないベーシックパックから
一番多いウルトラデータLLパックに変えるとします。

ベーシックパックのパケット代は通信量に応じて2,900~7,000円で、
ウルトラデータLLパックは8,000円です。

キャリアによって多少違いはあると思いますが、一番通信量の少ないプランから
一番多いプランに変えても5,000円ほど料金が高くなるだけです。

テザリングを使えば、モバイルルーターのレンタル料とほとんど同じか安いぐらいの
金銭的負担で済むんです。

キャッシュバックが貰える代理店やプロバイダで光回線を申し込めば、
スマホの料金プラン変更による金銭的負担も相殺できますしね。

引っ越し後すぐに使いたいなら、光回線よりWiMAX

インターネット最速便は、光回線開通までモバイルルーターがレンタルできるので、
引っ越し後でもすぐにインターネットが使えるようになるわけです。

しかしインターネット最速便を利用してでも、引っ越し後すぐにインターネットを
使いたいのであれば光回線よりWiMAXの方が良いのではないでしょうか。

モバイルルーターは通信速度と安定性が光回線に劣りますが、
WiMAXの最新機種なら通信速度は最大700Mbps以上です。

実測値でも100Mbps以上出ることは珍しくありませんから、光回線並とは
言わないまでも、ストレス無くインターネットが使える通信速度となっています。

またモバイルルーターではなくホームルータータイプの端末にすることで、
多少安定性の向上も図れますよ。

WiMAXは即日開通可能で、引っ越しの際も手軽

WiMAXは、
 ・UQショップ
 ・auショップ
 ・家電量販店
などの店舗で申し込むことで、即日開通も可能です。

ですから引っ越し当日まで申し込みを忘れていたとしても、
家電量販店などで申し込めばその日から自宅でインターネットが使えます。

BroadWiMAXというプロバイダであれば、ネットで申し込んで、
WiMAX受取センターに端末を取りに行くことでも即日開通できます。

昼休みにネットで申し込みをしておき、仕事帰りに受取センターに取りに行く
ということをすれば、家電量販店などに申し込みに行く時間が無くても
その日の内に開通できてしまうというわけです。

BroadWiMAXにはバイク便サービスもあり、受取センターに行かなくても、
申し込んだその日に自宅や職場に端末を配送してもらうこともできますよ。

また昇進や結婚・出産などによる生活環境の変化や転勤などで、
将来的に再度引っ越しをする可能性があると思います。

引っ越しの際の手続きも、光回線よりWiMAXの方が簡単です。

光回線だと、移転手続きをしても引っ越し先に回線が開通していなければ、
また開通工事から始めないといけません。

場合によっては元の家で使っていた光回線を撤去しないといけないこともありますし、
引っ越し後も同じ光回線を使うにしても手間とお金が掛かるんですね。

さらにauひかりやNURO光など利用エリアが限られている光回線を使っている
場合には、引っ越し先が利用エリア外だと移転して引き続き利用することはできません。

当然解約せざるをえず、
長期契約で利用している場合には違約金が発生する恐れもあります。

その点WiMAXは、住所変更の手続きだけすれば、
あとは端末を引っ越し先に持って行くだけで引き続き使うことができます。

WiMAXにも利用エリアがあり、引越し先が利用エリア外だと引き続き利用できず、
解約せざるをえなくなることも考えられます。

しかしWiMAXが使えないのは一部の山間部と離島ぐらいですから、
引っ越しによってWiMAXが使えなくなるということは少ないと思いますよ。

このように開通も引っ越しの際の手続きも簡単ですから、引っ越しで光回線の
申し込みを忘れていたことを好機と捉え、WiMAXの利用を検討してはどうでしょうか。

-引越し時のインターネットで得する

Copyright© わいすぐ【ネットの即日開通】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.