引越し時のインターネットで得する

引越し後にすぐインターネットするにはどうすれば良い?

投稿日:

「引越し先で光回線を使おうと思って問い合わせてみたら、
今の時期なら開通するまで1か月ぐらい掛かるって言われた・・・」

「さすがに1か月も待てないし、
引越し後すぐにインターネットするにはどうすれば良いんだろう?」

何か月も前から準備していざ引越しというのであれば、
引越し日に合わせる形で光回線の申し込みをしておくこともできます。

しかし、家を新しく建てるならともかく、普通は早々と物件が決まって何か月も前から
引越しの準備をするなんてことはそうそう無いですよね。

まして転勤などに伴う引越しとなると、急に決まること多いので、
引越しに関する手続きや荷造りだけで手一杯となってしまうこともあります。

だからと言って、引越しが終わってから光回線を申し込んだのでは、
自宅でインターネットが使えない期間が生まれてしまいます。

そこで、引越し先のインターネット回線を光回線ではなく「WiMAX」にすれば、事前に
申し込む時間が無かったとしても、すぐにインターネットが使えるようになるんです。

WiMAXは開通工事不要で即日開通も可能

WiMAXは電波を使って通信する「モバイル回線」ですから、
開通するのに工事を行う必要がありません。

申し込んで端末を手に入れたら、面倒な初期設定も不要で、
あとはスマホやパソコンなどにWi-Fi接続設定を施すだけでOKです。

初期設定に加えて配線も不要ですから、
女性や機械が苦手な人でも簡単に使い始めることができますよ。

WiMAXは開通に工事が不要ということで、
申し込みから開通までが非常にスピーディです。

最短なら、何と申し込んだその日に開通させることもできちゃいます。

WiMAXのキャリアショップである「UQショップ」はもちろん、
 ・auショップ
 ・大手家電量販店
でもWiMAXの申し込みを受け付けています。

こうした店舗で申し込むことで、端末の在庫切れさえしていなければ、
即日開通させることができるんですね。

なので引越し当日までインターネット回線の申し込みを忘れていたとしても、
WiMAXならすぐにインターネットが使えるようになるというわけです。

「BroadWiMAX」ならネットや電話の申し込みでも即日開通

WiMAXには、回線事業者であるUQWiMAXの他に、
約20社のプロバイダが存在しています。

そのWiMAXプロバイダの1つである「BroadWiMAX」では、
ネットや電話からの申し込みでも即日開通が可能なんです。

BroadWiMAXでは「WiMAX受取センター」という店舗を構えており、
受取センターに端末を取りに行くことでネットからの申し込みでも即日開通ができます。

「店舗に端末を取りに行くのなら、
家電量販店などで申し込むのと一緒じゃん」と思いますよね。

しかしBroadWiMAXの場合は、時間の掛かる申込手続きは事前にネットで
済ませますから、受取センターでは本当に端末を受け取るだけなんです。

ですから昼休みにネットで申し込みをして仕事帰りに端末を取りに行くということもでき、
店舗に申し込みに行く時間が無くても即日開通できるというわけです。

さらにBroadWiMAXではバイク便サービスも行っており、こちらは電話からの
申し込みで、その日に自宅や職場など指定した場所に端末をバイク便で届けてくれます。

バイク便サービスだと受取センターに行く必要すら無く、自宅や職場に居ながらにして、
WiMAXを即日開通させることができるんですね。

WiMAXの即日開通には注意点も

店舗やBroadWiMAXで申し込むことでWiMAXを即日開通させることができますが、
注意しておかないといけない点もいくつかあります。

まず家電量販店などの店舗でWiMAXを申し込むと、
キャッシュバックなどのお得な特典が貰えません。

WiMAXプロバイダの中には、30,000円超のキャッシュバックが貰えたり、2年間など
期間限定なものの大幅に料金が割引されるキャンペーンを行っているところがあります。

ちなみに先に名前の出たBroadWiMAXでは、キャッシュバックは貰えませんが、
最初の2年間は月1,000円近くの割引が受けられます。

家電量販店などの店舗ではこうしたキャンペーンが行われることは少なく、
行われたとしても電化製品の同時購入などの条件が付いていたりします。

またネットで申し込むタイプのプロバイダでは、料金割引のキャンペーンが
行われていなくても、月数百円程度料金が安くなっていることも少なくありません。

しかし店舗で申し込むと料金は月額4,380円の「定価」で、
さらに利用開始から2年が経過すると月額4,880円に「値上がり」します。

お金なんて二の次でとにかく早くインターネットを使えるようにしたいと言うならともかく、
早さも大事だけどお得な方が良いと言うのであれば、
店舗での申し込みはオススメできないですね。

BroadWiMAXは即日開通できるんだけどできない!?

BroadWiMAXではネットや電話からの申し込みでも即日開通が可能なんですが、
実は利用できる人が限られているんです。

まず受取センターは
 ・渋谷
 ・秋葉原
 ・大宮
 ・梅田
の4か所にしかありません。

加えて営業時間が19時までなので、これらの近くあるいは帰りにちょっと遠回りすれば
立ち寄れる、というエリアに自宅か職場がないと利用することすらできないんですね。

さらに日曜日は休業日なので、
休みの日を使ってWiMAXの即日開通させるということもできません。

バイク便サービスで即日開通させるには昼12時までに申し込まなければならず、
しかも配送エリアが東京23区内のみとなっています。

このようにBroadWiMAXで即日開通可能なエリアというのは非常に限られており、
即日開通したくてもできないというケースも多いですよ。

またバイク便サービスでは、発送元の秋葉原からの距離に応じて1,200~5,000円の
送料が発生、電話での申し込みなので18,857円の初期費用も無料になりません。
(ネットからの申し込みだと初期費用は無料になる)

ですからバイク便サービスを利用すると、普通にWiMAXを開通させるよりも
20,000円以上余分に費用が掛かってしまうことになります。

WiMAX以外の即日開通可能なインターネット回線

即日開通可能なインターネット回線は、何もWiMAXだけではありません。

通信量無制限のモバイル回線としてWiMAXと双璧を成す「ワイモバイル」や、
大手携帯キャリアソフトバンクが提供する「SoftBankAir」なんかも即日開通可能です。

ワイモバイルは今でこそ「ソフトバンクの格安SIM」というイメージが強いですが、
イーモバイルという日本でのモバイルルーターサービスの先駆け的存在が前身です。

ワイモバイルのモバイルルーターは、ソフトバンクショップでこそ受け付けていませんが、
ワイモバイルショップや家電量販店などの店舗で即日開通させることができます。

SoftBankAirは、持ち運び可能なモバイルルーターではなく、
持ち運びのできないホームルーターを使います。

そのため、WiMAXやワイモバイルと違って、
「固定回線として使うことを前提としたモバイル回線」となっています。

ソフトバンクショップはもちろん家電量販店でも申し込むことができ、
こうした店舗で申し込むことでSoftBankAirも即日開通が可能です。

ワイモバイルとSoftBankAirは対応エリアに不安も

ワイモバイルやSoftBankAirも即日開通可能なんですが、
この2つはWiMAXに比べて「対応エリアが狭い」という弱点があります。

ひょっとすると、ワイモバイルもSoftBankAirも「ソフトバンクのLTE回線」が
通信量無制限で使える、と思っている人も居るかもしれません。

しかし通信量無制限の場合には、
ワイモバイルもSoftBankAirも「AXGP」という回線を使うことになります。

AXGPは、アラフォー世代には懐かしいPHS回線を改良したものであり、
現状では基地局が少ないので対応エリアは都市部と幹線道路沿いぐらいに限られます。

なので引越し後のインターネット回線としてワイモバイルやSoftBankAirを利用しようと
思っても、対応エリア外で利用できないということも十分に考えられるわけです。

ちなみにWiMAXも大手携帯キャリアのLTE回線に比べると対応エリアは狭いですが、
それでも圏外なのは一部の山間部や離島ぐらいです。

ですから自宅用云々関係無く、モバイル回線を使うのであればワイモバイルや
SoftBankAirよりもWiMAXの方がオススメですね。

光回線は開通に最短で何日掛かる?

引越し後すぐにインターネットを使いたいけど、1週間ぐらいで開通できるなら
モバイルルーターより光回線の方が良いという場合もあるかもしれません。

では光回線は、最短だと何日ぐらいで開通させることができるんでしょうか?

光回線の開通には2週間から1か月は掛かると一般的に言われていますが、
NTTのフレッツ光であれば最短1週間で開通可能です。

フレッツ光を申し込むと、まずNTTで申込住所の番地登録とフレッツ光のデータ登録が
行われ、その後に工事日程を調整する連絡が入るという流れになります。

番地登録とデータ登録にはそれぞれ少なくとも3営業日掛かるので、日程調整の
連絡が入ってすぐに工事をしてもらえれば1週間で開通できるというわけです。

ただし、日程調整の連絡が入ったその日や次の日に工事をしてもらえるなんてことは
ほとんどありません。

少なくとも1週間2週間先になりますから、実際にはフレッツ光でも申し込みから
2週間から3週間は掛かると思っておいた方が良いですよ。

ちなみに同じフレッツ光の回線を使う光コラボレーションの場合は、
間に光コラボレーション事業者を挟むので、
開通には最短でも10日から2週間は掛かります。

フレッツ光以外だと最短でも1か月!?

フレッツ光や光コラボレーション以外の
 ・auひかり
 ・NURO光
 ・電力会社系光回線
では、開通には最短でも1か月以上は掛かります。

これらの光回線サービスでは、番地登録とデータ登録が行われてから
日程調整の連絡が入るまでに、「事前調査」が行われます。

フレッツ光の場合、ほぼ全ての電柱に光ケーブルが行き渡っていますから、
家の近くに電柱さえあれば開通工事が可能です。

ところがフレッツ光以外の光回線サービスでは、対応エリア内であっても、
全ての電柱に光ケーブルが行き渡っていないということもあるようです。

そのため、担当者が事前に申し込みのあった住所まで行き、
実際に開通工事が可能かどうかを調査しないといけないんですね。
(工事できないという調査結果になることも)

その調査に2週間程度は掛かるらしく、
開通までに最短でも1か月は掛かってしまうことになります。

このように光回線の開通には、一般的に言われているように、
少なくとも2週間から1か月ぐらいは掛かると思っておいた方が良いです。

なので引越し後すぐにインターネットを使いたい、でも引っ越しまで2週間も時間が無い
というのであれば、光回線ではなくWiMAXということになるんですね。

-引越し時のインターネットで得する

Copyright© わいすぐ【ネットの即日開通】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.