引越し時のインターネットで得する

引っ越ししてネットを即日開通させることはできる?

投稿日:

「光回線の開通には2週間から1か月か・・・、
さすがに引っ越し後これだけの期間自宅でネットが使えないのも辛いなぁ・・・」

「何とか今から申し込んでも、即日使えるようになるサービスは無いものか」

引っ越しでは、業者の手配や荷造り、電気・ガス・水道といった生活インフラの手続きに
加えて、最近では引っ越し後に使うネット回線のことも考えないといけません。

日数的に余裕があるなら、事前に光回線の申し込みをしておき、
引っ越し日に合わせて開通工事をしてもらうこともできます。

ところが転勤などで引っ越しが10日後2週間後となると、すぐに申し込みをしても、
引っ越し後にしばらく自宅でネットが使えない期間ができてしまう恐れがあります。

かと言って、ネットは今や電気・ガス・水道と同じように生活インフラとなりつつ
ありますから、1週間でも10日でも使えないのは不便ですよね。

そこでネット回線を光回線ではなくWiMAXにすれば、例え明日引っ越しであろうとも、
引っ越し後すぐにネットが使えるようになります。

WiMAXの開通に工事は不要

光回線の開通に時間が大きな原因は「開通工事」にあります。

工事そのものは30分から1時間程度で終わる簡単なものなんですが、
その工事を行う業者の予定を押さえるのが簡単じゃないんですね。

申し込みをして、工事の日程調整の連絡が入って工事日が決まり、
開通工事が行われるというのが光回線開通までの大まかな流れです。

常に工事業者が忙しいのか、申込数に対して業者の数が少ないのか分かりませんが、
日程調整の連絡が入ってすぐに工事をしてもらえるということはありません。

少なくとも1~2週間、
工事業者の繁忙期ともなると工事日が1か月以上先になることもあります。

申し込みから日程調整の連絡が入るまで1週間ぐらいは掛かりますから、
光回線開通には早くても2~3週間は掛かることになります。

しかしWiMAXは、スマホと同じで電波を使ったモバイル通信ですから、
開通するのに工事が必要ありません。

申し込みをして端末さえ手に入れば使えるので、遅くとも申し込みから1~2週間後には
使えるようになりますし、最短なら即日開通だって可能なんです。

配線や初期設定も不要

光回線の開通では、設置されたONUに初期設定を施し、
さらにそのONUとWi-FiルーターをLANケーブルで繋ぎ、
Wi-Fiルーターの初期設定も行わないといけません。

ONUとWi-FiルーターをLANケーブルで繋ぐぐらいなら簡単ですが、
ONUやWi-Fiルーターの初期設定となると結構面倒なんですよね。

「接続ID」だの「SSID」だの「接続パスワード」だの「暗号キー」だの、
機械が苦手な私なんかこれらの言葉を聞くだけで頭が痛くなってしまいそうです。

その点WiMAXは、Wi-Fi接続設定こそ必要ですが、配線なんて不要ですし、
端末も初期設定が施された状態で手に入ります。

なのでWiMAXでは、配線を間違えたり、
初期設定が上手く行かずにネットがちゃんと使えないなんてことが無いというわけです。

WiMAXを即日開通させるには

WiMAXは、ネットや電話はもちろん
 ・UQショップ
 ・auショップ
 ・家電量販店
といった店舗でも申し込みができます。

とは言え、どこで申し込んでもWiMAXが即日開通できるというわけではありません。

もっとも手っ取り早くWiMAXを即日開通させるの方法は、
家電量販店などの店舗で申し込むことです。

店舗での申し込みでは、店舗に端末の在庫さえあれば即日開通が可能です。

UQショップはともかく、auショップや家電量販店なら生活圏内に
1軒や2軒はあるでしょうから、引っ越し後に足を運ぶこともできますよね。

また「BroadWiMAX」というプロバイダであれば、
ネットや電話からの申し込みでもWiMAXの即日開通が可能です。

BroadWiMAXの「WiMAX受取センター」という店舗に端末を取りに行くことで、
ネットからの申し込みでも即日開通ができるというわけです。

受取センターの営業時間は19時までですから、昼休みにネットで申し込みを済ませ、
仕事帰りに端末を取りに行くということもできるんですね。

時間の掛かる申込手続きはネットで行っているので、受取センターでは端末を
受け取るだけ、家電量販店などで申し込むよりも店舗での滞在時間が短くて済みますよ。

さらにBroadWiMAXではバイク便サービスも行っており、こちらは電話で申し込むと、
その日の内に端末を指定の住所までバイク便で届けてくれます。

なので受取センターに端末を取りに行くだけの時間も無いという場合でも、
自宅や職場に居ながらにしてWiMAXを即日開通させることができます。

WiMAXの即日開通にはクレジットカードが必須

家電量販店などの店舗にしろBroadWiMAXにしろ、
WiMAXを即日開通させるのであればクレジットカードが必須となります。

WiMAXではプロバイダによって、料金支払方法をクレジットカードではなく
口座振替で申し込むことができるようになっています。

家電量販店はクレジットカードのみですが、UQショップやauショップ、
さらにはBroadWiMAXでも口座振替での申し込みが可能です。

口座振替でWiMAXを申し込むと、過去に通信サービスの料金延滞が無いか、
継続的に料金を支払う能力があるかなどの簡単な審査が行われます。

さらに振替に使う口座についても、
残高不足になったことや犯罪に利用されたことが無いかなどが調べられます。

こうした審査に数日掛かることもあるので、
口座振替での申し込みだとWiMAXの即日開通はできません。

一方クレジットカードは、クレジットカードを持っている時点で、
クレジットカード会社のより厳しい審査をパスしていることが分かります。

そのためプロバイダ側で改めて審査する必要が無く、
申し込んですぐに開通させることができるというわけです。

なのでWiMAXが即日開通できるというのは、
クレジットカードを持っているってことが前提となりますよ。

WiMAXの即日開通は金銭的に損?

WiMAXが即日開通できるのは良いんですが、
金銭的なデメリットもあるということは覚えておいた方が良いです。

WiMAXプロバイダの中には、ネットで申し込むことを条件に、高額キャッシュバックが
貰えたり2年間など期間限定で大幅な料金割引が受けられたりします。

例えば「GMOとくとくBB」だと30,000円以上のキャッシュバックが貰えますし、
先のBroadWiMAXであれば最初の2年間は月1,000円近く料金が割引されます。

GMOとくとくBBやBroadWiMAX以外でも、高額なキャッシュバックが貰えたり
料金割引が受けられたりするプロバイダはいくつかあります。

ところが店舗ではこういったキャンペーンはほとんど行われておらず、
店舗で申し込むのが損と言うよりも、ネットで申し込んだ方がお得というわけなんです。

また店舗でWiMAXを申し込んだ場合には毎月の料金が4,380円と「定価」ですし、
2年以上継続して利用すると4,880円に料金がアップします。

ネットで申し込むタイプのプロバイダだと、定価より100~200円程度安いことも
少なくないですし、2年以上利用しても料金が4,380円より高くなることはありません。

ですから同じWiMAXでも店舗とネットでは、店舗で申し込んだ方が
キャッシュバックなどの特典が付かず、料金も割高ってことになるんですね。

さらにBroadWiMAXのバイク便サービスでは、
端末の発送元の秋葉原からの距離に応じて1,200~5,000円の送料が必要です。

BroadWiMAXでは、無制限プランが
 ・0~2か月目・・・2,760円
 ・3~24か月目・・・3,411円
 ・25か月目以降・・・4,011円
と通常より安く利用できる代わりに、18,857円の初期費用を払わないといけません。
(端末代や事務手数料とは別)

ネットからの申し込みであればキャンペーンが適用されて無料になるんですが、
バイク便サービスは電話での申し込みなので初期費用が無料にならないんです。

なのでBroadWiMAXのバイク便サービスを使って即日開通すると、
ネットから申し込むよりも20,000円以上余分に掛かってしまいます。

WiMAXを即日開通させるのは良いですが、
こうした金銭的なデメリットもあるというのは頭に入れておいた方が良いですよ。

BroadWiMAXの受取センターやバイク便サービスは使いたくても使えない?

BroadWiMAXでのWiMAXの即日開通は、金銭的デメリットに加えて、
利用したくても利用できないこともあるんです。

まず受取センターに端末を取りに行くことで、
ネットからの申し込みでも即日開通が可能となりますが、その受取センターは
 ・渋谷
 ・秋葉原
 ・大宮
 ・梅田
の4か所にしかありません。

これらの受取センターが生活圏内に無ければ、時間的に可能だったとしても、
WiMAXの即日開通には結構な手間が掛かりますよね。

またバイク便サービスも、配送エリアが東京23区内のみとなっています。

このようにBroadWiMAXで即日開通できる人は、
かなり限られているということになるんですね。

WiMAXは通常開通まで何日?

自宅や職場が東京23区内でなく、近くに受取センターも無い、さらに家電量販店などの
店舗にWiMAXを申し込みに行く時間も無いという場合もあると思います。

では普通にネットからWiMAXを申し込むと、開通まで何日ぐらい掛かるのでしょうか?

ネットでWiMAXを申し込むと端末が宅配便などで送られてきますが、
その端末の発送までに掛かる日数はプロバイダによってまちまちです。

GMOとくとくBBやBroadWiMAXでは、最短で即日発送となります。

それら以外の主なWiMAXプロバイダでは、発送や到着までの目安が
 ・BIGLOBE・・・申し込み後2日から1週間で到着
 ・So-net・・・到着目安3~7日
 ・@nifty・・・最短4日で発送
となっています。

住んでいる地域によっては発送から到着まで2~3日掛かることもあるので、
即日発送でも翌日に端末が手元に届くとは限りません。

思ったより早く届いて文句を言う人は居ないですから、WiMAXの開通には
通常1週間ぐらい掛かると考えておけばイライラせずに済むのではないでしょうか。

即日発送希望なら申し込みはお早めに

GMOとくとくBBやBroadWiMAXで端末の即日発送が可能ですが、
いつ申し込んでも即日発送となるわけではありません。

端末の即日発送には時間制限があり、
決められた曜日の決められた時間までに申し込む必要があります。

例えばGMOとくとくBBでは、月曜から金曜は15時30分、
土日祝日は14時までの申し込みで即日発送してもらえます。

BroadWiMAXの場合は、月曜から金曜の13時までの申し込みで、
土日祝日は基本的に発送業務を行っていません。

決められた時間以降の申し込みは、翌日もしくは翌営業日の発送となります。

BroadWiMAXでは土日祝日は基本的に発送業務を行わないので、
金曜の13時以降の申し込みでは週明け月曜の発送となる可能性が高いですね。
(月曜が祝日なら火曜の発送)

注意すべきは曜日や時間だけでなく、肝心の申込内容や提出した本人確認書類に
不備があると、決められた時間内の申し込みでも即日発送ができなくなります。

特に本人確認書類として健康保険証など顔写真の付いていないものを使う場合には、
 ・住民票
 ・公共料金の領収証
などの住所や氏名が確認できる補助書類が必要となることがあります。

少しでも早く開通させたいという気持ちは分かりますが、
事前に本人確認書類や申し込みの記載にミスが無いかしっかりチェックしてくださいね。

-引越し時のインターネットで得する

Copyright© わいすぐ【ネットの即日開通】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.