引越し時のインターネットで得する

引越し時は光回線やプロバイダは移転?それとも変更?

投稿日:

「引越しするんで、今使っている光回線とプロバイダで移転手続きもしとかないとな」

「でも待てよ、折角の機会なんだし、特に不満があるわけじゃないけど
思い切って回線やプロバイダを変更するのも手か」

「引越し先でも今使っている光回線とプロバイダを移転させるのと、
引越しを機に変更するんだったら、どっちが良いんだろう?」

引越しの際には、色んな手続きや荷造りなどに忙殺されて、
光回線やプロバイダのことにまで頭が回らなかったりします。

しかし今やインターネットは電気・ガス・水道と並ぶ生活インフラと言っても良いぐらい
ですから、引越し後すぐにでも使えるように手続きしておきたいものですよね。

引越し先でインターネットを使うには、
 ・今使っている光回線やプロバイダを移転させる
 ・今使っているものは一旦解約して、引越し先で新たに契約する
のいずれかの方法があります。

引越し先に使い慣れた光回線とプロバイダを移転させる、心機一転して新たな光回線と
プロバイダに変更する、それぞれにはどんな手間とお金が掛かるのか見てみましょう。

移転させる方が手間は掛からない

引越しに伴って光回線とプロバイダを移転させる場合には、
光回線とプロバイダのそれぞれで手続きを行うことになります。

まず光回線事業者に連絡して、引越し先に移転させる旨とともに
 ・引越し日
 ・引越し先の住所
を伝え、その後引越し先での開通工事日の日程を調整します。

プロバイダにも同様の内容を連絡しておき、あとは開通工事が行われて
諸々の設定を施せば、引越し先でもインターネットが使えるようになります。

光コラボレーションや電力会社系光回線などのように、光回線とプロバイダが
一体となっているサービスではプロバイダに連絡するだけでOKです。

ただし、光コラボレーションでもドコモ光のようにプロバイダが選べるタイプのものだと、
両方に連絡しておいた方が確実かもしれません。

対して引越しに伴って変更する場合は、まず引越し先で利用する光回線と
プロバイダを契約し、今使っている光回線とプロバイダを解約します。

この際、光回線とプロバイダの解約日は引越し日にして、
引越し当日まで自宅でインターネットが使えるようにしておきましょう。

あとは移転の時と同じで、工事日を調整して開通工事が行われれば、
引越し先でインターネットが使えるようになります。

移転だと移転の手続きだけで良いですが、変更だと解約・契約という2つの手続きが
必要で、移転の方が若干手間は掛からないということになりますね。

引越し先でインターネットが使えるようになるまでの時間は変わらない

手続きは移転の方が手間が掛かりませんが、引越し先でインターネットが
使えるようになるまでに掛かる日数には大きな違いはありません。

今使っているものを移転する場合でも、新しいものに変更する場合でも、
引越し先で開通工事が行われます。

移転と新規開通で工事業者が違うなんてことはありませんから、
開通工事までの待ち時間は移転でも変更でも同じなんですね。

なので移転であっても開通までは2週間から1か月掛かり、
引越し後にインターネットが使えない期間が生まれてしまう恐れがあります。

引越し先に光回線やプロバイダが移転させられないこともある?

今使っている光回線とプロバイダを引越し先でも引き続き使いたいと思っても、
移転させられないこともあるんです。

例えば
 ・auひかり
 ・NURO光
 ・電力会社系光回線
はフレッツ光のように日本全国で利用できるわけではありません。

auひかりは中部・近畿・沖縄ではサービスを行っておらず、NURO光は関東・東海・
関西、電力会社系光回線はそれぞれの電力会社の管内のみでの利用となっています。

ですから岡山でauひかりを使っていて兵庫に引越すような場合には、隣の県にも
関わらず、引き続きauひかりを使いたくても移転させることができないというわけです。

またフレッツ光でも、NTT東日本とNTT西日本の管内を跨いで引越しをする場合には、
移転させることができません。

同じNTTグループで、同じフレッツ光というサービスを行っているものの、
NTT東日本とNTT西日本は別会社です。

なので東京から大阪へ引越すなどといった場合には、NTT東日本のフレッツ光を
一旦解約して、NTT西日本のフレッツ光を新たに契約しないといけないんですね。

また、数は多くありませんが、
プロバイダでも利用できる地域が限られている場合があります。

代表的なのは沖縄限定の「@ちゃんぷるネット」で、
こうしたプロバイダを利用していると引越し先によっては変更せざるをえませんよ。

マンションやアパートでは光回線やプロバイダが決まっていることも

引越し先がマンションやアパートといった集合住宅の場合、
利用できる光回線やプロバイダが決められていることがあります。

光コラボレーション以外の光回線では、
集合住宅内での利用軒数が多くなるほど料金が安くなる仕組みとなっています。

そのため入居者が光回線を安く利用できるようにということもあって、
光回線やプロバイダを限定しているんですね。

もちろん大家さんや管理会社、管理組合の許可が下りれば、
決められた以外のサービスも利用することはできます。

ただし開通工事で、穴を開けることは少ないですが、ケーブルを固定するのにビス留め
して壁に傷を付ける可能性は大なので、許可を貰うのはかなり難しいと思います。

また最寄りの電柱から部屋に直接光ケーブルを引き込むことになるので、
集合住宅であっても「一戸建て扱い」となります。

工事費や料金も割高な一戸建て用になりますから、
許可を貰う難しさに比例したお得さは無いですね。

金銭的には移転よりも変更の方がお得

引越しに伴う手続きは移転の方が楽ですが、
金銭的な面を考えると引越しを機に光回線やプロバイダを変更した方がお得です。

光コラボレーションが開始されて以降、
光回線事業者やプロバイダ間でのユーザーの奪い合いが激しくなっています。

そこで新たなユーザーを呼び込むために、
新規開通を対象としたお得なキャンペーンが数多く行われているんです。

20,000円30,000円といった高額なキャッシュバックが貰えたり、
最初の2か月間無料など一定期間料金が大幅に割引されることもあります。

ただでさえ引越しにはお金が掛かりますから、
キャッシュバックが貰えたり料金が安くなるとありがたいですよね。

また移転でも新規開通でも開通工事が必要ですが、
新規開通だとその工事費が無料ありは実質無料になることも多くなっています。

しかし移転の場合は、工事費が無料になったり実質無料なったりすることはありません。

フレッツ光だと新規開通より多少安くなりますが、auひかりや
一部の光コラボレーションだと移転でも新規開通と同じ工事費が発生します。

なので移転だとキャッシュバックは貰えず、工事費も無料にならずで、
変更する場合より40,000円50,000円「損」することになってしまうんですね。

これだけの金銭的な差があると、多少手続きに手間が掛かったとしても、
引越しの際は光回線やプロバイダは変更した方が良いんじゃないでしょうか。

違約金を負担してもらえるサービスも

光回線やプロバイダも、
スマホと同じように2年や3年の長期契約で利用しているケースが多いと思います。

長期契約することで多少料金が安くなる反面、
更新月以外の解約では違約金が発生してしまいます。

計画的な引越しであれば、違約金を払わなくて良いように、
光回線やプロバイダの更新月を考慮して引越し日を決めることもできます。

しかし転勤などで急に引越しが決まった場合には、
更新月がいつだの違約金がいくらだのと言っている余裕すらありませんよね。

そこで違約金を払いたくないがために、解約せずに移転させて、引越し先でも同じ光回線やプロバイダを利用するということになるわけです。

ところが光回線の中には、変更に伴う解約で発生する違約金を負担してくれる
サービスを行っているところもあるんです。

違約金を負担してくれるサービスを行っているのは
 ・auひかり
 ・ソフトバンク光
 ・コミュファ光
 ・eo光
などです。

ただしユーザーの代わりに違約金を払ってくれるわけではなく、
ユーザーが払った違約金相当分のキャッシュバックが貰えるという形になります。
(eo光は商品券)

違約金が実質無料になるのであれば、引越しするしないに関係無く、
光回線の変更がしやすいですよね。

また違約金の負担は公式サービスですから、
プロバイダや代理店のキャッシュバックとは別です。

なのでキャッシュバックが貰えるプロバイダや代理店を通して申し込めば、
違約金分と通常のキャッシュバックの両方が貰えますよ。

光回線やプロバイダを変更する場合に注意することは?

引越しの際には、多少手間は掛かるものの、
光回線やプロバイダは移転させるよりも変更した方がお得です。

しかし光回線やプロバイダの変更には、注意しなければならないこともあります。

引越しに伴ってプロバイダを変更すると、
プロバイダメールのアドレスが変わってしまいます。

最近は、家族や友人と連絡を取るのもLINEやSNSで、
メールはほとんど使わないという場合も多いと思います。

またメールを使うにしても、プロバイダメールではなく、
「Gmail」などフリーメールを使っているということもあるんじゃないでしょうか。

とは言え、金融機関や証券会社など一部のサイトでは、
会員登録などの際にはフリーメールが使えなくなっていることもあります。

既にプロバイダメールを使って会員登録などをしている場合には、
アドレスが変わることで、登録内容の変更なども必要です。

なのでプロバイダメールのアドレスが変わると困るという場合には、
プロバイダの変更は慎重に検討した方が良いですよ。

光電話の電話番号が変わることも

アナログ電話なら、同じ市内で引越しする場合には番号が変わることは無いですよね。

しかし自宅で光電話を利用している場合には、市内の引越しでも、
光回線を変更することで電話番号も変わってしまう恐れがあります。

固定電話自体使っていないことも多いでしょうが、基本料金や通話料が安いという
ことで固定電話をアナログ電話ではなく光電話にしている場合もあると思います。

固定電話の番号って、
保険など各種契約の際や緊急の連絡先として使われていることも多いですよね。

なので固定電話の番号が変わるのは、
プロバイダメールのアドレスが変わるのとは比べ物にならないほど不便です。

光電話の番号が光電話を契約した際に発行されたものだと、
光回線を変更することで変わってしまう恐れが大です。

NTTのアナログ電話で発行された番号を光電話に引き継いでいるのであれば、
「アナログ戻し」という作業を行うことで、光回線を変更しても番号は変わりません。

ただしアナログ電話の番号を引き継いでいる場合でも、
NTT以外が発行したものだと「アナログ戻し」による番号の引き継ぎができません。

またフレッツ光から光コラボレーションへの変更であれば、
アナログ戻しを行わなくても番号が引き継げます。

先にも書いたように固定電話の番号が変わると何かとややこしいですから、
光電話を利用している場合には光回線の変更は慎重に検討しましょう。

-引越し時のインターネットで得する

Copyright© わいすぐ【ネットの即日開通】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.